これを贈って喜ばれた!鉄板の出産祝いギフト

出産後の忙しい時期ではありますが、産後1ヶ月前後に贈るのが礼儀とされている内祝いのギフト。対象者別に喜ばれる品物は何でしょうか。

ターゲットに応じた内祝い選び

赤ちゃんが誕生してからは、イベントが目白押しです。
出産後7日目には、ママと赤ちゃんの退院祝いと命名披露といったお七夜があります。
30日、31日目には、赤ちゃんの誕生を感謝し、健やかな成長を祈るお宮参りがあります。
通常このお宮参りをする頃、つまり出産後1ヶ月前後の時に、内祝いを贈るのが礼儀だといわれています。
そして100日目には、赤ちゃんが一生食べ物に困らないように願う「お食い初め」が行われます。
産後すぐは、赤ちゃんを産んだお母さんの体調も完全に回復していない状態にも関わらず、このようにイベントが目白押しなので、出来れば出産前に色々な準備を整えておくことが必要ででしょう。
出産前に出産内祝いにどんなお祝いギフトを贈るのか、予め目星をつけておきましょう。
もし里帰り出産で、その間自宅にお祝いが届いていたら、品物リスとを作るなどし必ず贈りもれのないように、しっかりとチェックすることが重要です。
内祝いの一般的お祝いギフトとしては、同年代であれば、割とお洒落なアイテムが好まれます。
例えばブランドのある物や、ナチュラル志向の物、スイーツや紅茶などの食品類が例にあげられます。
自分では買わないけれど、貰って嬉しいものは何か、という事を念頭に置き、個人の趣味の押し付けにならない物を選びましょう。
結婚前のシングルや、カップルの方には、おしゃれな生活雑貨やデザイナーズアイテム、ブランド志向のスイーツや食品類などがよいでしょう。

Copyright (C)2021これを贈って喜ばれた!鉄板の出産祝いギフト.All rights reserved.