これを贈って喜ばれた!鉄板の出産祝いギフト

出産祝いを頂いたら、お礼として出産内祝いを贈るのが礼儀です。その中でどのような物を送ればよいかを説明しています。

お祝いの半返し、出産内祝い

出産祝いを頂いたら、「出産内祝い」としてお礼のお祝いギフトを送るのが礼儀となっています。
内祝いとは昔は、家族や親族が喜びのお裾分けということで、内輪に、つまり近所の方々に祝いの品々を配ったところからその名は由来されています。
近年ではお祝い返しという意味で使われるようになっています。
では、この出産内祝いには、どのようなお祝いギフトを送るのがよいのでしょうか。
よくもらう物としては「タオル」などが多いでしょう。
しかし、正直タオルばかり増えても困りますし、もらってもあまり喜ばれないようなお返しでは意味がないと思うでしょう。
頂いた金額にもよりますが、通常「内祝いは半返し」といわれているように、貰った金額の半分の額ほどの品を送るといわれています。
出産祝いには相場として1万円、5千円位の物を送るのが普通となっていることから、内祝いは2500円から5千円程度の品々ということになってきます。
悩む中でよく選ばれるのが「ギフトカタログ」ではないでしょうか。
こちらでしたら個々の趣味に反せず、受け取った方の好きな物を選べるようになっているからです。
また金額に関しても2分の1、3分の1ときちっと設定して送ることが出来るので、負担にもならないでしょう。
近年では、そのギフトカタログ事態が、使用後にアルバムとして使えるような商品も出ており人気を呼んでいます。
自分の希望する商品プラスアルバムも手に入れられる、一つで二回楽しめる要素があり、喜ばれています。

Copyright (C)2021これを贈って喜ばれた!鉄板の出産祝いギフト.All rights reserved.